顔のほくろを取るなら皮膚科?美容外科?きれいに除去できるのは?

Sponsored Link

顔のほくろを取りたい…。

顔の目立つ場所にほくろがあると、メイクの度にほくろ取ることはできないかと考えてしまいますよね。

私も目の下(ハナの横)に6mmくらいの盛り上がったほくろがあったので、その気持ちよくわかります。

半年ほど前になりますが、意を決して美容外科でほくろの除去手術を受けました。

切除縫縮術でしたが、傷跡はほとんどないに等しいくらいで、ほくろがあったのがウソのようです。

今回はその体験談をお話したいと思います。

ほくろを取りたいと思っている方の参考になれば幸いです。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

顔のほくろを取るなら皮膚科?美容外科?

ほくろの除去手術は、皮膚科、美容外科のいずれでも施術してもらえます。

で、私が選んだのは美容外科(美容形成外科)です。

体のほくろを取るなら皮膚科もアリでしたが、顔のほくろを取ることを考えると、絶対に失敗したくなかったので美容外科にしました。

皮膚科が悪いというわけではありませんが、盛り上がった顔のほくろを取るなら、やはり数をこなし、手術実績のあることを最優先に考えました。

月に1回手術するところと、手術実績が多いところとでは、やはり技術に差が出るのは当然ですよね。

顔のほくろ除去は、絶対失敗は嫌だったのでいくつかピックアップして、まずはネットで情報を集め、さらに電話で問い合わせて絞り込みました。

ほくろの大きさで術式も変わる

ほくろ除去
ほくろの大きさ、盛り上がっているほくろか、平たいか、などでもほくろの取り方は変わってきます。

私の場合、6mmほどあったこと、盛り上がっていたこともあって、切除縫縮術(ホクロをメスで切り取って皮膚を縫い合わせる方法)で取ることになりました。

切除縫縮術の場合、ほくろよりも大きくメスが入ります。

どのようにほくろを切り取るか、ほくろを除去した後の経過、縫合後がどのようになるか医師から詳しい説明を受けました。

美容整形も行っているクリニックなので、縫合が上手いことはわかっていましたから不安は全くありませんでした。

麻酔で痛みもなく、美容整形で使用する細い糸で細かく丁寧に縫合するので、抜糸後、傷跡を見てあまりにもきれいになっていて驚きました。

切開した部分は、ほんのり赤い線のようになっていただけです。

日焼けしないよう紫外線に注意すること(シミになるから)
1か月間は傷口が広がらないよう専用テープで固定すること
縫合後しばらくは固くなっているけれど時間の経過で改善すること
皮膚のシワと同化するように切開しているので時間が経っても自然に感じること

などの説明を受け、抜糸後は1か月後の経過観察で通院は終了しました。

5㎜以内のほくろ除去ならレーザー

5mm以内の比較的小さなホクロの場合は、炭酸ガスレーザー治療が主流です。

炭酸ガスレーザーや電気メスの手術は出血も少なく、糸で縫合することもないので気持ち的に楽です。

また、レーザー治療も種類があって、炭酸ガスレレーザーは普通のレーザー治療より大きなホクロも取ることができます。

レーザー治療は自然治癒しやすいので傷跡は残りにくいのですが、再発の恐れもあるので、ほくろが再発した場合の保障制度があるクリニックを選ぶか、事前に確認しておくとよいと思います。

ほくろ除去の費用

ホクロの除去費用はクリニックによってまちまちです。

参考までに
炭酸ガスレーザーまたは高周波メスによる除去(目安として5mm以内の小さめのホクロ)の場合で1個 5000円ほどが相場です。
※炭酸ガスレーザーでの除去は自由診療となるクリニックがほとんどです。

ほくろを取る個数によって、1個当たりの料金を安く設定しているクリニックもあります。

ほくろの除去で保険適用できる施術方法は「メス切除縫合」「くりぬき法」「高周波メス・電気メス切除」の3つです。

上記3つで除去したほくろは病理検査に出すことができるため、保険を適用することができます。

私の場合、切除縫縮術(ただし1つのみ)だったので健康保険を保険適用してもらえました。

ただ、小さなホクロであればレーザーできれいに除去できるので、一番きれいに仕上がる方法を選んではどうでしょうか。

費用を重視するのか、ほくろをきれいにとることを重視するのか、両方なのか自分でよく考えて判断することが大切です。

美容形成外科は、自由診療のクリニックと、一部健康保険が使えるところがあるので、事前に確認しておくこといいですよ。

まとめ

顔のほくろを取るなら皮膚科がいいのか美容外科がいいのかをまとめてきました。

いかがでしたか?

大きなホクロや、メスによる切除縫合する場合は美容外科・美容皮膚科をおすすめします。

5mm以内の小さめのほくろなら炭酸ガスレーザー治療もできるので、皮膚科でも美容外科でもいいと思います。

ただ、顔のほくろを取る場合は、きれいに取りたい、失敗したくないので個人的には実績のある美容外科・美容形成外科が安心だと思います。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする