フロス 歯間ブラシ、結局どっちがよく取れるのか

Sponsored Link

フロス、歯間ブラシ…結局のところどっちの方が歯のすき間に詰まった汚れがよく取れるのでしょうか

答えは…
歯と歯茎の隙間がどのくらい空いているかによって変わってきます

たとえば
歯間ブラシが入る位の隙間があれば、歯間ブラシの方が汚れはよく取れます。

でも
若い方は歯茎もしっかりしていて隙間もないので、無理やり歯間ブラシを通すと歯茎が傷ついたり、歯茎を下げてしまうこともあるので、その場合はデンタルフロスがおすすめです。

フロス、歯間ブラシ、どっちが良くてどっちが悪いということではなく、適切な使い方をすることでより良いオーラルケアができるということ。

というわけで今回は、フロス、歯間ブラシについてその特徴と、どんな時にどっちを使えばいいか、詳しく見ていきたいと思います。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

歯間ブラシとデンタルフロスの違い

デンタルフロスや歯間ブラシは、歯ブラシでは届かない歯の側面に付いたプラーク(歯垢)や歯と歯の間に入りこんだ食べかすを、きれいに取り除いてくれるオーラルケア用品です。

どっちも使用目的は同じですが、見た目が全く違いますよね。

でも見た目以外にも、歯や歯茎の状態でどちらを選べばいいのかに違いがあるんですよ。ではどのように違うのでしょうか。

●デンタルフロス

デンタルフロスは細い糸のようなもの。
歯間ブラシでは入り込めない歯と歯の間の汚れがよく取れます

歯と歯のすき間がほとんどないような若い人の場合、歯間ブラシが入らないこともあるのでデンタルフロスがおすすめです。

フロスは使い方にちょっとしたコツがいるので、ビギナーは持ち手の付いたF字型やT字型の糸ようじから使い始めるといいかもしれません。

●歯間ブラシ
歯間ブラシは歯と歯の間よりも、歯と歯肉の間の汚れを取るのに適しています

歯と歯の間が広くあいている年配の人の場合、歯間ブラシの方がよりしっかりと歯垢や汚れ、食べかすなどを取ることができます。

ただ、歯の隙間に合ったサイズの歯間ブラシを使わないと歯肉を痛めてしまう場合があることも覚えておきましょう。

歯間ブラシが適している人

歯間ブラシが適している人は
歯茎が下がり、歯と歯の根元に三角形のすき間がある人、ブリッジをしている人に向いています。

フロスと違ってブラシなので、歯と歯茎のすき間の汚れをしっかり落とすことができるからです。

また、ブリッジをかけている人や入れ歯の人は、フロスの糸が引っかかってトラブルになることもないので、安心して使えますよ。

デンタルフロスが適している人

デンタルフロスは、歯と歯のすき間のせまい人、また歯間ブラシの入りにくい部分をケアしたい人に適したオーラルケアです。

ハブラシの届きにくい歯と歯の間を効果的に清掃できるので、歯垢が原因のむし歯予防にはとても効果のあるオーラルケアです。

歯ブラシの後にデンタルフロスを併用することで、9割以上の歯垢除去率が期待できるといわれています。

歯間ブラシのサイズについて

歯間ブラシには SSSS から L まで、様々なサイズがあります。

歯や歯茎の状態は人それぞれですが、使い始めは一番小さなサイズからのスタートがおススメです。

選ぶ時の一つの目安ですが
歯間ブラシを挿入した時、無理なく(抵抗なく)動かせるサイズを選ぶといいですよ。

歯と歯の間は狭いところもあれば、広いところもあります。可能であれば、それぞれのサイズに合った歯間ブラシを使うのが理想です。

ムリに大きなサイズを挿入すると歯肉を痛めてしまったり、歯茎を後退させてしまうことにもなるので用心してくださいね。

SSSサイズでも入りにくい場合は、デンタルフロスを使用しましょう。

まとめ

フロスと歯間ブラシの違い、それぞれどんな人に向いていて、どんな人に効果があるのかをまとめてきました。

いかがでしたか?

歯間ブラシやデンタルフロスは、違いが分かったうえで正しく使うことで、お口の健康がしっかりと守られます。

自分の歯と歯ぐきの状況によって、一番効果的なオーラルケアを選んでくださいね。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする