フロスで取った奥歯の歯垢が臭い!原因は磨き残し?歯周病?

Sponsored Link

使用後のフロスが臭いのは当たり前ですが

奥歯にフロスを掛けた時、とくに臭いと感じたことはありませんか?

奥歯は歯ブラシが届きにくく、丁寧にブラッシングしても磨き残してしまう場所。

そのためフロスを使い始めたばかりの時期は、今まで溜まっていた歯垢が一気に取れるので、しばらく臭いと感じるかもしれません。

この場合は、フロスでケアを続けていくことで段々とにおいはしなくなっていきます。

ただ、奥歯にフロスをかけた時に臭うのは、他に原因がある場合もあります。

今回は、奥歯に使用したフロスが臭いと感じるのはどんな時かに焦点を当てていきたいと思います。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

フロスで取った奥歯の歯垢が臭いのは自分だけ?

臭い

フロスで取った奥歯の歯垢が臭いのはあなただけではないですよ!

もともと奥歯は食べ物を噛み砕くところ。
そのため歯と歯の間や隙間に食べかすや歯垢が溜まりやすく、ニオイの原因を作りやすいんです。

歯垢が臭いのは、口の中の細菌が食べかすを分解する時に排出する腐敗臭(細菌の便のようなもの)。

でも、奥歯にフロスをかけた時の糸が臭いのは、歯垢だけとは限りません。

フロスで奥歯をケアした時「臭い」と感じる原因は…

歯垢以外にも、フロスをケアした時「臭い」と感じる原因はいくつかあります。

食べたもののニオイ
にんにく、玉葱、ニラ、などのニオイのきついものを食べた場合はフロスが特に臭くなることがあります。

たとえば、焼肉、餃子、キムチなどを食べた直後だと、食べ物のにおいがフロスについてしまって臭いんですよね。「さきいか」や「たくあん」なども臭います。

臭い玉(膿栓)ができている
歯や歯茎ではなく、咽喉に「臭い玉(膿栓)」ができていると、奥歯にフロスを使用した時にもきついニオイがします。もちろん膿栓ができていると口臭も強くなります。

※臭い玉(膿栓)は扁桃の穴に細菌の死骸が集まってできた米粒くらいの塊です。

歯周病・歯槽膿漏
奥歯の歯垢はもともと臭いものですが、異常にくさい場合は歯周病・歯槽膿漏の可能性もあります。

フロスを使用した時、以前よりも深く歯と歯茎の間に入り込んでいる感じがしたり、フロスを使用するたびに出血する場合は、歯周病にかかっている事も考えられるので、一度歯医者さんに診てもらった方がいいでしょう。

このように奥歯にフロスをかけた時の糸が臭い原因はいろいろあります。

またアメリカやヨーロッパでは、食後は楊枝を使って歯の掃除を行なう文化があり、デンタルフロスと共にオーラルケアのアイテムになっています。

外国で使われている平楊枝(ひらようじ)

アメリカでは、食後の歯の掃除に平たい形の平楊枝が使われています。

日本で見かける丸楊枝と違って、先端が平たくなっているため歯と歯の間に入りやすく、歯間に詰まった食べかすを取りやすいのが特徴なんですよ。

強度としては弱いものの、当たりが柔らかく、歯茎にも優しいので歯と歯茎の境に詰まった食べかすを取るのに適した楊枝です。

また予防歯科の先進国 北欧では、三角楊枝で食後に歯の掃除をしています。こちらも歯と歯茎の境に詰まった食べかすや汚れを取りやすくなっています。

海外では、デンタルフロスで歯垢をとるだけでなく、食後 歯の周り残っている食べかすをきれいに掃除するという習慣があるんですね。

楊枝の先にミントやシナモンの香りが付いた楊枝もあって、すっきりとした使用感です。

まとめ

奥歯にフロスを掛けた時とくに臭いと感じるのは、いくつかの原因があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

奥歯は菌のエサとなる食べ物のかすが歯間に詰まりやすいので、日ごろのケアがとても大事です。

食後に毎回フロスをかけるのは大変なので、欧米のように楊枝を上手に使って歯と歯の間をきれいに掃除するといいかもしれません。

健康な歯は、そのまま健康な体に直結しますよ!

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする