おならを我慢したらお腹から音が…原因は?おならの回数を減らすには

Sponsored Link

おなら我慢するとお腹から変ながしませんか?

ボコボコ、キューウ、ゴォォーみたいな音…

授業中や会議中は周りが静かなので特に気になってしまいます。

おならを我慢した時に鳴る音って結構大きく響くので、人知れず悩んでいる人、意外に多いんですよ。
おならを我慢した時に鳴る音は、おならとして排出されるはずだったガスが逆流する時に出る音です

そもそもおならは、約70%が食事をしたり、話をしている時に飲み込んだ空気だって知ってましたか?

そして食べ物が腸内で分解されるときに発生するガスは、わずかに10%程度です。
ちょっと意外だったのではないでしょうか?

今回はおならを我慢したらどうなるのか、おならの回数を減らすにはどうしたらいいのかに焦点を当ててまとめていきたいと思います。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

我慢したおならはどうなるのか

我慢したおならはどうなるのでしょうか。

排出されるはずだったガスが直腸から逆流すると、その時にお腹から変な音がします。

とても恥ずかしいですよね

おならを我慢すると、逆流する時に音が鳴るだけでなく、停滞したガスが内臓を圧迫してお腹が痛くなったり、思わぬ病気のもとにもなりかねません。

また、有毒なガス成分が腸壁から血液に溶け込んで、体中をめぐります。

毒素を含んだガスが血中の溶け込むと、肌がくすんだり、血液をろ過する肝臓にも負担がかかってくるんですよ

呼気や肌からも排出されるので、息が臭くなったり体臭がしたり、内臓にも負担がかかるので、おならはできるだけ我慢しないのが一番です。

おならの音
おならが出る時の音が気になるのであれば、おならが出る時に肛門の括約筋を少し緩め、少しずつ放出することで音が出ないように放屁できます。

おならの音は、ガスが肛門を通る時に肛門の上皮が振動することで「ブーッ」という音を発するので、この時に肛門を開き気味にしてゆっくりガスを出せば、「プスーッ」というおならになるはずです。

おならの回数を減らす対策

おならを我慢する前に、おならの出る回数を減らせばそれだけ我慢しなくてよくなりますよね。

食生活を見直したり腸内環境を良くするのは即効性がないので、今回はすぐにできることをお話したいと思います。

おならの約70%は、食事をしたり、話をしている時に飲み込んだ空気です。

おならの中身

まず、炭酸飲料はおなかの中で炭酸ガスが異常に発生するので炭酸飲料は控えましょう。

早食いの人はおならが出やすい傾向があります。食事をする際は、食べ物をゆっくりとよくかんで食べること。胃腸の負担が軽くなるので、ガスの発生を抑えることができます。

おしゃべりしながらや急いで食べると、おならの原因である空気を一緒に飲み込みやすくなります。

ガムも空気を飲み込むことになるので、おならの回数を減らしたいならやめましょう。

つばを飲み込むときも、空気を一緒に飲み込まないよう意識することも大切です。

おならのにおい対策

おならの回数が多いのも困りますが、おならがクサイと周囲の人にも迷惑をかけることになり、たいへん気を使ってしまいます。

まずはウンチを我慢しないこと。

ウンチを我慢すると腸内で発酵が進みクサイおならが蓄積されます。

また肉類中心の食事は悪玉菌が増殖してくさいおならが出やすくなります。

ニンニクやタマネギなども硫黄臭のクサイおならが出るので控えめに。

日頃からビフィズス菌入りのヨーグルトやオリゴ糖入りの乳酸菌飲料、海草、納豆、きのこなどをしっかり取って、腸内環境を良くしておくとおならの臭いは気にしなくてもいい程度の臭いになりますよ。

まとめ

おならを我慢した時にお腹から音がするのはなぜか。また、音がしないようにおならをする方法、おならの回数を減らす対策やおならの臭いについてまとめてきました。

いかがでしたか?

腸内環境が良ければ、おならは我慢せずに放出しても、臭いはさほど気にならないはず。

音がしないように放屁する方法をちょっと練習しておくといいですよ!

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする