すそわきがクリームは塗り方ひとつで効果が変わる?使い方のコツとは

Sponsored Link

すそわきがクリーム塗り方とタイミングでも効果に違いが出てきます

せっかく効果の高いクリームを使っても、塗り方一つで十分な効果が得られないのはとても残念ですよね。

今回はすそわきがクリームを使う時に注意したいポイントを3つ、お伝えしたいと思います。

塗り方のコツや注意点に気をつけるだけで、クリームの持つ力をグーンとアップさせることができるので、この機会にぜひマスターしておきましょう。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

すそわきがクリーム 効果的な塗り方のコツとは

消臭効果を高めるための塗り方のコツは3つ
これらに気をつけるだけでクリームの実感力をグーンとアップさせることが出来ますよ!

ニオイが出る前に塗る

ノアンデ使い方
すそわきがクリームは臭いが出る前に塗ることが大事です。

ベストタイミングは入浴後

入浴後、細菌のエサとなるアポクリン汗や皮脂、汚れなどがキレイになっている一番清潔な状態でクリームを塗ります

ポイントはベストな状態で塗る事。細菌の繁殖を抑え、ニオイの発生も防いでくれるのでよい状態を持続することができます。

翌朝もう1回塗ります

朝の忙しい時間帯ですが、ウエットシートなどできれいに拭いた後、クリームを塗りなおしておくと、日中の消臭効果が長持ちするのでおすすめです。

汗を拭いてから使う

汗を拭いてから使う
汗をかく夏場や冬場の暖房が効いた部屋では陰部が蒸れて、じっとりと汗をかきやすいですよね。

裾ワキがクリームは基本的に朝晩2回の使用で十分ですが、蒸れたり汗ばんだ時はクリームを塗りなおします。(ただし使用方法を守った間隔をとってくださいね)

その際は
必ず汗を拭きとって塗りなおします

汗をかいたままの状態でクリームを塗ると臭いの原因物質も一緒に塗り込むことになるので、必ず汗は拭きとること。

ちょっとした事の積み重ねで消臭時間を長持ちさせることができます。

塗りムラがないよう丁寧に塗る

すそわきがは狭い範囲なので塗り忘れはないと思いますが、ケアする箇所すべて(厚塗りする必要はありませんが)塗りムラがないかチェックしましょう。

持ち歩き用のクリームをポーチなどに準備しておくと、外出した際も安心してすごせます。

ノアンデポーチ

すそわきが ニオイの原因は雑菌の増殖

デリケートゾーンは汗やおりもの、経穴など雑菌のエサとなるたんぱく質が豊富。

さらに下着などで蒸れやすいので、臭いの原因菌も増殖しやすい状態です。

というと、ボディタオルなどでゴシゴシ洗いたくなってしまいますよね。

でも、実は洗い過ぎも良くないんです。

デリケートゾーンには本来肌を清潔に保とうとしてくれる「善玉菌」もいて、石鹸で洗い過ぎてしまうとその「善玉菌」まで流してしまうことになるからです。

できればお肌に優しい弱酸性などの石鹸を良く泡立て、優しく泡で包み込むように洗い、丁寧にすすぐようなケアまで行えば、クリームの効果も十分に活かせます。

すすぎ残しがあると臭いの発生原因になるので、細かい部分も丁寧に流すこともにおいケアのポイントの一つです。

すそわきがの臭いが気になって対策用クリームを買おうと思っても、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。市販のすそわきがクリームを選ぶ際には、確認しておきたいポイントが5つあります…

まとめ

すそわきがクリームの効果的な塗り方のコツをお伝えしてきました。

いかがでしたか?

すそわきがクリームは、ニオイが発生する前に使うのがポイント。

入浴後やシャワーの後、体が一番清潔な状態で塗ることで、雑菌の繁殖を抑え、効果を持続させることができるんでしたね。

ちょっと気をつけるだけでクリームの持つ効果をグーンとアップさせることが出来るので、ぜひ実践してみてください。

デリケートゾーンの臭いが気になったことありませんか。女性の場合生理中や暑くなる時期は蒸れて強くにおうこともあります。でももしかするとそのニオイ【すそわきが】かもしれません。簡単に診断できるのでセルフチェックしてみましょう
Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする