フロスが臭い!フロスを習慣にすれば取れる歯垢の臭さが改善できる?

Sponsored Link

フロス臭い

ていねいに歯磨きしたはずなのに、
その直後に使ったフロスが臭い!
…と、驚く人が多いです。

あなたもそうですか?

フロスの臭いの原因はいくつかあって

たとえば、
歯に付着している歯垢だったり
歯と歯茎のすき間に詰まった食べかすだったり
歯槽膿漏の膿が原因だと言われています。

でも、このままフロスを使い続けて、臭いが改善できるのかどうか、ちょっと心配になりますよね。

そこで今回は、どんな時にデンタルフロスが臭うのか、またフロスを習慣にすれば歯垢の臭さは軽減できるのかも含めてご説明したいと思います。

口臭が気になっているのであれば、御一読くださいね!

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

歯ブラシで落とせる汚れは60%

臭い
まず初めにお話ししたいのは
いくら丁寧に歯ブラシで歯を磨いても、歯に付着している汚れは60%ほどしか取れていないということ。

歯ブラシでは、歯の根元や側面、歯のすき間の汚れまで落とすことは難しいんですね。

そのため、磨き残した汚れや歯垢を落とすにはデンタルフロスで絡め取ったり、歯間ブラシを使います。

デンタルフロスや歯間ブラシを正しく使えば、歯垢や付着した食べかすをなどの汚れを90%まで除去することができるんですよ。

ではどうしてフロスが臭うのでしょうか?

フロスはどんな時に臭いがする?

デンタルフロス
使用後のフロス(糸)が強くにおうのは、付着した歯垢のせいです。

歯垢というのは、歯の表面に付いた白くてねっとりしたもののこと。

口の中の食べかすなどをエサにして繁殖した菌の塊で、1mgの歯垢には、なんと10億の細菌が含まれているんですよ。

歯垢(プラーク)は口の中の食べかすを分解して繁殖するのですが、その時に発生するガスが、あのフロスの臭いの原因なんですね。

もちろん、使用後のデンタルフロスが臭うだけでなく、口臭の原因にもなります。

銀歯が原因のことも…
銀自体が臭うことはありません。
銀歯が原因ではなく、銀歯と歯や歯茎の間にできたすき間に入り込んだ食べかす、またそれが原因でできた虫歯や歯周病で、フロスがきつく臭うこともあります。

歯周病と歯槽膿漏
歯周病や、歯槽膿漏で歯茎に膿がたまっていると、使用後のフロスだけでなく、ドブのような臭いの口臭がします

フロスを使い続けると臭いはしなくなる?

歯垢が臭いこと自体は当たり前のことなので、あまり神経質になることもないと思います…。

とはいえ、やはり気になりますよね。

デンタルフロスや歯間ブラシを正しく使えば、歯垢や付着した食べかすをなどの汚れを90%まで除去することができるので、歯垢もつきにくくなり自然と臭いも和らいできます。

しっかりと歯垢を取り除くことがオーラルケアの基本、そして口臭の改善、歯周病の予防にもなります。

フロスの後の効果的なケアについて

丁寧に歯磨きした後は、デンタルフロス、マウスウオッシュの順番でオーラルケアを行いましょう。

最近は「リステリン」「モンダミン」など様々な市販のマウスウオッシュがありますが、特におすすめしたいのが「コンクールF」です。

以前は歯科専売品でしたが、ネット通販でも手に入るようになってきました

かなりおすすめの洗口液(マウスウオッシュ)です!

フッ素配合のマイルドミント味、長時間高い殺菌力が持続しますし、低刺激なので毎日続けられます。

濃縮タイプなので1回の使用量はわずか数滴

100ml入りの場合、1日3回の使用でも半年くらい使えて、コスパも最高ですよ。

まとめ

フロスの臭いの原因や、フロスを習慣にすることで得られる効果についてまとめてきました。

いかがでしたか?

使用後のフロスが臭いということは、それだけお口の中が臭っているということ。歯磨き後のフロスを習慣にすれば、口臭や歯垢の歯石化も予防できます。

いくら丁寧に磨いても、歯ブラシで落とせる汚れは60%

磨き残した汚れや歯垢を落とすには、やはりデンタルフロスや歯間ブラシでのケアは欠かせませんね。

仕上げにマウスウオッシュを使えば細菌の繁殖も抑えられ、歯周病や歯槽膿漏、口臭予防にもつながります。

歯垢の臭いが気になるなら「マウスウオッシュ」もオーラルケアに取り入れたいアイテムです。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする