すそわきが治療は保険適用できるの?切らない手術の費用と相場

Sponsored Link

すそわきがを治したい!

最近はメスを使わない、切らないすそわきが手術や、ボトックス注射で一定期間臭いを軽減できる施術法など、さまざまな治療法があります。

ビューホット法やミラドライ、ペアドライなど、手軽に日帰り治療できる方法を利用する人が増えていますよね。

気になるのが費用

どの治療法も保険適用ならそれほど高額にはなりませんが、すそわきが治療保険適用外で、全て自己負担となっています。

わきがの場合「剪除法(皮下組織剥離法)」であれば保険適用で、片脇2万円ほどの手術もありますが、すそわきがの治療は美容目的という判断で、今のところ健康保険の適用はありません。

ただ、美容外科などでは分割払いや、モニター価格に対応しているクリニックもあるので、あきらめるのは早いですよ。

今回はメスを使わないすそわきが治療法と、料金の相場・目安についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

ボトックス注射によるすそわきが治療

ボトックス治療は1回の治療で効果を感じやすい手軽なすそわきが治療法です。

ボトックスは安全性が確認されているボツリヌス菌の毒素を注入することで発汗抑え、臭いの原因をブロックします。

ボトックス注射によるすそわきが治療

1回の費用5万~8万円
治療時間 :5分程度

効果は3ヵ月~5ヵ月手軽ですが効果は3~5ヶ月程度なので繰り返し治療が必要です。
臭いの程度が軽く、夏場などの期間のみ汗の量を減らしたい方に適しています。

ビューホット法

ビューホット法は、ビューホットを照射することでニオイや汗の元となる汗腺だけを効率的に破壊する最新のわきが治療法です。

1度の治療で高い効果を実感できること
メスで切開しないこと
治療時間が20分~30分と短時間で済むこと
何度も通院の必要がないこと
が大きな特徴です

ビューホット法

1回の費用30万~35万円が相場
治療時間 :20~30分程度
ほぼ1度の施術で通院の必要がない

治療費は高めですが、施術実施病院では治療を受けた人の95%が、完全にニオイがなくなったと治療効果を明記しています。

ペアドライ治療法

ペアドライはメスを使わない、切らないすそわきが治療法です。

高い効果のビューホットで施術後、さらに照射漏れがないようにウルセラドライで多汗症の原因であるエクリン腺やワキガの原因であるアポクリン腺などを破壊していきます。

ペアドライ治療法

1回の費用38万円(H30年5月現在)
治療時間 :40分程度
ほぼ1度の施術で通院の必要がない

ペアドライの最大の特徴はビューホットとウルセラドライを組み合わせて、より治療効果を高めたところです。川崎中央クリニックのみで行っている治療法。安心保障制度があり、再治療も気軽に受けることができます。

すそわきが治療 まとめ

すそわきが治療についてまとめてきました。

すそわきが治療の場合、保険適用はないこと

自由診療の場合の治療費は
ボトックス注射:5万~8万円
ビューホット法:30万~35万円
ペアドライ治療:38万円程度

という料金が治療費の目安です。

根本的なすそわきが治療は、これからの生活ですそわきがの悩みから解放されるわけですから、長い目で見れば安いという考え方もありますよね。

治療を決断しクリニックを選ぶ際は、料金だけでなく保障制度やアフターケアの充実もチェックしておきましょう。デリケートな部分の施術になるので、必ず施術実績を確認しておくことをおすすめします。

すそわきがの臭いが気になって対策用クリームを買おうと思っても、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。市販のすそわきがクリームを選ぶ際には、確認しておきたいポイントが5つあります…
すそわきがクリームは塗り方とタイミングでも効果に違いが出てきます。塗り方一つで十分な効果が得られないのはとても残念ですよね。今回はすそわきがクリームを使う時に注意したいポイントを3つ、お伝えしたいと思います。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする