犬や猫の火葬料金はいくら?ペットは重さや火葬方法で費用が変わる

Sponsored Link

犬や猫など最愛のペットが亡くなった時、遺体をそのままにしておくわけにはいきません。

小さな子供がいる家庭は、感染症や衛生面を考えて、なるべく早くペット葬儀社を決めて火葬してもらうよう手配したいところです。

もちろん、広い土地がある方は土葬でも法律的には問題ありませんが、深く掘って埋葬することができないと、異臭が発生して近隣トラブルのもとになる事もあるんですよ。

かわいいペットが亡くなって悲しんでいる時に、そのペットが原因で揉め事になる事だけは、避けたいですよね。

ではペット霊園や、ペット専用の訪問火葬車に依頼した場合、火葬料金・費用はいくらくらいかかるのでしょうか。

今回はや猫などペットの火葬料金について詳しく調べてみました。

悪徳業者に引っかからないよう、参考にしてもらえれば幸いです。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

火葬料金はペットの種類・重さ・大きさでも変わる

ペット葬儀社などに火葬を依頼する場合、ペットが、ハムスターや小鳥などの小動物なら安い料金(数千円)、猫、小型犬、中型犬、大型犬というように大きくなればなるほど火葬料金は高くなります。

遺体が大きければ、焼く時間も、燃料も多くかかるので、あたり前と言えばあたり前の話ですよね。

そのため、多くのペット葬儀社では、ペットの種類(犬、猫、うさぎ、ハムスターなど)や体重、体長で火葬料金を設定しています。

おおよその火葬料金の目安

0kg ~ 1kg 1万 ~ 2万
(小型ペット ハムスター・小鳥等)1kg ~ 5kg 1.5万 ~ 2.5万
(フェレット・モルモット・猫・小型犬等)

5kg ~ 20kg 2万 ~ 4万
(中型犬等)ペット供養1

20kg ~ 40kg 3.5万 ~ 6万
(大型犬)

40kg ~ 60kg 5万 ~ 10万

(超大型犬)

重量だけでなく、火葬方法によっても料金は違ってくるんですよ

ペット葬儀社・ペット霊園での火葬の方法

仏花

ペット葬儀社・ペット霊園に依頼した場合の火葬の方法は大きく分けて4つあります。そして、火葬方法によっても料金は変わってきます。

「立会い火葬」よりも「お任せ火葬」のほうが費用を抑えられますし、「合同火葬」はさらに安くなります

また、ペットが亡くなったという理由で仕事を休むのは難しい方いると思います。移動火葬車の場合は夜間に対応している業者もあるので安心してくださいね。(夜間の場合は夜間料金となります)

ペット火葬は業者によって料金が違います。目安となる料金を参考に、意向や予算に応じて決めていきましょう。

立会い個別火葬
火葬に立ち会って遺骨を拾う事ができます

【火葬料金の目安】
小動物 20,000円~
小型犬、猫、うさぎ 30,000~60,000円
大型犬 50,000~80,000円

お任せ個別火葬
ペット葬儀社に一任して個別に火葬してもらう方法で、通常、遺骨を入れる骨壷とセットになった料金です。
火葬後は自宅まで運んでもらうか、ペット霊園に納骨するか選択します。

【火葬料金の目安】
小動物 15,000円~
小型犬、猫、うさぎ 20,000~40,000円
大型犬 30,000~60,000円

合同火葬
言葉の通り、遺体をまとめてペット火葬します。まとめての火葬になるので、遺体を預ける時が最後のお別れになります。(遺骨を受け取る事ができません)
料金的には一番安い火葬方法です。

【火葬料金の目安】
小動物 5,000円~
小型犬、猫、うさぎ 10,000~20,000円
大型犬 25,000~40,000円

ペット移動火葬車での火葬
移動火葬車は訪問火葬車とも言われていて、夜間の火葬に対応している業者も多いです。火葬時間は遺体の大きさによっても違いますが、2時間程度。

【火葬料金の目安】
小型犬、猫、うさぎ など3kg位まで
23,000円 前後
大型犬など3kg~5kg位まで
25,000~30,000円

Sponsored Link

自治体でのペット火葬について

ペットを飼う家庭の増加に伴い、ペットの火葬に対応する自治体も出てきました。

ペット火葬の費用は2000円前後から10000円を越えるものまで大きな開きがあります。

中には仙台市などのようにペット専用の焼却炉を作っている自治体もありますが、利用に関しては自治体の在住者に限ったり、遺骨の返却はしない、遺体は持ち込まなければならないなど、各自治体によって対応はさまざま。

仙台市のようにペット専用の固定焼却施設を持つ自治体はまだまだ少数、営利目的ではないので、料金はかなりやすくなります。

神奈川県のようにペット葬儀社と提携している自治体もあります。(それなら直接業者に連絡したほうが早いですよね)

特にペット火葬に対応していない自治体の場合は、「廃棄物の処理および清掃に関する法律」に沿って一般廃棄物として焼却されます。

まとめ

犬や猫などペットの火葬料金についてまとめてきました。

いかがでしたか?

ペットとは言え、共に過ごした時間が長ければ長いほど、家族と同じような存在、できる限りのことはしてあげたいと思いますよね。

最近ではペット霊園での火葬ではなく、訪問型の移動火葬車を利用する人が増えてきました。

移動火葬車はほとんどの場合、煙やニオイがしない作りになっていますが、心理的なものがあるのか、住宅地などでは近隣トラブルになるところもあるようです。

マンションにお住まいの場合や、自宅前での火葬が難しい場合、また夜間しか時間が取れない場合など、ペット葬儀社に相談すると上手な解決策を提案してくれます。

最後のお別れは、気持ちの整理をつけるためにも、納得のいく形でおこないましょう。

良い業者ほど親身になって応じてくれるはずです。

※クレジットカード決済に対応しているところも増えてきたので、休日でも安心して依頼できるようになってきました。

Sponsored Link
adsレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする