フロスの使用頻度とタイミング やり過ぎは逆効果?

『暮らしnavi』へようこそ。

日々の暮らしに役立つ様々な情報をお伝えしています。

ごゆっくりご覧ください。


予防歯科に効果的なデンタルフロス。

歯医者さんでは必ずといっていいほど使用を勧められますよね。

健康な歯と歯茎を維持するために大事なデンタルフロスですが、1日に何回くらいの頻度で使用すればいいのでしょうか?

ケアしているうちに歯茎の隙間が広がったような気がする、歯茎が下がってきた、という声もあります。

予防歯科としているオーラルケアで、逆に歯茎が下がったりすき間が広がるようでは逆効果ですよね。

そこで今回はデンタルフロスの適切な使用頻度と、使うタイミング・オーラルケアの順番についてまとめてみました。

正しいオーラルケアのためにも、ぜひ読んでみてくださいね!!

デンタルケアの基本は歯磨き

デンタルケアの基本はブラシで行なう歯磨きです。

ところが、いくら丁寧にブラッシングしたつもりでも、歯に付いた歯垢は60%ほどしか落ちていないって知ってましたか?

歯の側面や歯と歯のすき間などは、歯ブラシの毛先が届かないため、どうしても磨き残しができてしまうんです。

そこで歯間ブラシやデンタルフロスで取れなかった汚れや歯垢を取っていくことになるのですが、それでも、やはりデンタルケアの基本はブラシによる歯磨きです。

フロスの使用頻度とタイミング

デンタルフロス
フロスを使うタイミングは歯ブラシで歯を磨いた後。

オーラルケアの順番としては
歯ブラシで歯を磨き ⇒ デンタルフロス ⇒ 舌磨き ⇒ マウスウオッシュ(デンタルリンス)で仕上げるという順番です。

歯ブラシで広い面の汚れや歯垢を落とした後、歯の側面や歯と歯の間についている歯垢(プラーク)をフロスで取り除きます。

フロスの使用頻度は、歯磨きの後は毎回といいたいところですが、なかなか難しいですよね。それでも、最低1日1回はフロスを使って丁寧なケアを行うのが理想です。

そして使用するタイミングは
朝よりも就寝前がおすすめです。

理由は、就寝中は唾液の分泌が少なく、磨き残しがあると口腔内の細菌が増殖しやすから。

就寝中の口の中を清潔に保つにも、寝る前に細菌のかたまりである歯垢をできるかぎり取り除いておきましょう。

磨き残しの歯垢がたまると、2日ほどで歯垢は固まり始めて歯石化し始めます。

※多くの専門家が「寝る前のフロス」あるいは「起床後のフロス」を推奨しています。

フロスのやりすぎはかえって逆効果?

歯医者さんに行くと必ず進められるデンタルフロスによるケアですが、やり過ぎると逆効果という声も聞こえてきます。

本当のところはどうなのでしょうか?

実際に、行きつけの歯医者さんで尋ねてみました。そしたら、納得のいく答えが返ってきましたよ!

どの程度がやり過ぎというのかということもありますが、1日2回ほどであれば、それほど神経質になる必要はないそうです。

ただ、1日に1回は丁寧に歯を磨き、フロスで手入するのが理想とのこと。

やり過ぎが逆効果というのではなく
正しくフロスを使わないと
歯茎を傷つけたり
歯茎を押し下げてしまうことがある為
正しい使い方を身につけることがとても大事
とのことでした。

考えてみたらわかることですが
磨き残した歯の側面や、歯の間に溜まった歯垢をそのまま放置すれば、硬い歯石となり、さらに歯茎を傷め、むし歯の原因となるので、歯垢を取り除くことはとても大事なんですね。

最近注目しているエアーフロス

歯の側面や歯の間に付着している歯垢を取り除くのに、エアーフロスとい商品があるのをご存知でしょうか。

簡単に言うと、歯医者さんでシュッと歯の間に吹き付けるアレですね。

家庭でも簡単に使えるようになった「ソニッケアー」というのがあるんです。

高速の空気とミクロの水滴で、歯間に詰まった歯垢や食べカスを一層してくれる優れもの。

これだとフロスを上手く使えなくても、簡単に歯の側面や歯の間を洗浄することができます。

フロスで歯茎を傷める心配もなければ、ブリッジに糸が引っかかる心配もないので安心して使えますよ。

デンタルフロスを定期的に購入することを考えると、結局安い買い物ともいえますよね!

歯周病・歯肉炎・虫歯・口臭予防におすすめの「デンタルリンス」。今回は効果効能を比較しながら歯周病予防におすすめの7選をご紹介していきます。ぜひ、商品を比較購入する時の参考にしてくださいね!

まとめ

フロスの使用頻度とタイミングについてまとめてきました。

デンタルフロスは、歯磨きの後、最低でも1日1回は行うのが効果的ということでしたね。

デンタルフロスは「1日何回すればいいのか」ではなく、「習慣にして、ずっと続けていくこと」が大切なのです。

個人的にはエアーフロスを使っていて、その使用感がとても気に入っています。

磨き残しの歯垢があると、口臭や虫歯、ひいては歯周病、歯槽膿漏の原因になるので、日々お手入れを欠かさないようにしたいものです。

歯医者さんではデンタルフロスを勧められますが歯間ブラシを使う人も多くいます。フロス、歯間ブラシ、結局のところどっちの方が歯のすき間に詰まった汚れがよく取れるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする