盗聴器発見アプリはホントに使える?悪徳アプリを信じるな

『暮らしnavi』へようこそ。

日々の暮らしに役立つ様々な情報をお伝えしています。

ごゆっくりご覧ください。


盗聴器発見できるアプリがあると、ネットでも話題になっていますが実際に盗聴器を発見できる機能があるのでしょうか。

Google Playに「盗聴器が発している電波を発見できる」というアプリがあるようですが、レビューを見る限り怪しい匂いがプンプンしています。

結論から言うと、盗聴器発見アプリは、現在のスマートフォンでは電波を感知することは難しいようです。

ではなぜこのようなアプリが作られたのか、
本当の目的は何なのか…と、疑ってしまいたくなりますよね。

今回は、そんな「盗聴器発見アプリ」に焦点を当ててまとめていきたいと思います。

そもそもスマホで盗聴器が発見できるの?

スマートフォンで感知できる電波といえば、Wifiの電波です。

スマホが感知できる電波は盗聴器の電波とは全く別物です。

そもそもスマートフォンにない機能をアプリで入れても役に立たないですよね。

怪しげなアプリをインストールすると、意図しないトラブルに巻き込まれることもあります。

また更新の度にインストール時とは違う機能が追加され、自分で気がつかない間に仕様が変更されていることもあります。

Akai探偵事務所が自社の機器を使って、iPhoneなどのモバイル端末に盗聴器発見アプリをインストールして実験した結果を見ましたが、すべての機種、全ての周波数帯でアプリの反応はなかったと公表していました。

このような結果が出た理由として

スマホの受信周波数帯が、そもそも盗聴器の出す盗聴波に対応していないからだと述べています。

周波数の違いで盗聴器発見は不可能?

盗聴発見アプリでは、なぜ盗聴器発見アプリで、盗聴器を発見できるというような誤解が生まれたのでしょう。

アプリをインストールすると、機能が追加されるという点がその理由のようです。

確かにアプリをインストールすると新しい機能は追加されますが、追加される機能はあくまでもスマホの能力の範囲内、つまり、スマホのハードのスペックで実現できる範囲内の機能です。

スマホの受信周波数帯が、そもそも盗聴器の出す盗聴波に対応していなければ、盗聴波を検知することはできないということになります。

では、自分で盗聴器を発見することはできないのでしょうか?

自分で盗聴器を発見する方法

探偵や専門業者に依頼する前に、自分で簡易的にチェックできる方法もあります。FMラジオを使った盗聴器の発見方法です。

調べ方はとても簡単!

まずは部屋でテレビや音楽を流します。

音が拾えるように、ちょっと大きめに鳴らすと拾いやすいでしょう。

FMラジオの電源を入れ、一番低い周波数からゆっくりと上昇させていき途中で部屋で鳴っている音がラジオから聞こえてきたら、部屋のどこかに盗聴器が仕掛けられているということになります。

盗聴器発見ではなく、盗聴器として利用されてる

室内に仕掛けられる盗聴器が主流ではありますが、盗聴器の定義も変わりつつあります。

盗聴器を発見するのではなく、スマホ自体を盗聴器として使うアプリがあるんです。

自分の知らないうちに「自動応答アプリ」をインストールれてしまうと、相手の意思のままに会話や周囲の音を盗聴されてしまいます。

このようなアプリをダウンロードできるのは、残念ですが身近な人ということになります。

盗聴被害をなくすためにも、定期的に、不審なアプリがインストールされていないか、チェックすることが大事です。

まとめ

盗聴器発見アプリはについてまとめてみましたがいかがでしたか?

盗聴器発見アプリで、盗聴器を発見できるというのは、今のところスマホの機能的に無理だという結論に至りました。

スマホアプリではなく、FMラジオを使った簡単なチェック方もあるので、この方法で確認すると良いでしょう。

もしも盗聴されているという不安があるのであれば、やはり一度専門の盗聴器発見業者に相談してみることも検討してみることをおすすめします。

多少費用は掛かりますが、あてにならないアプリよりも、安心を手に入れることができると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする