盗聴器発見を業者に依頼した時の料金相場、調査費用の目安は?

『暮らしnavi』へようこそ。

日々の暮らしに役立つ様々な情報をお伝えしています。

ごゆっくりご覧ください。


盗聴器発見業者に依頼しようと思った時、一番気になるのが調査料金の相場だと思います。

調査費用の目安がわかれば、業者の比較が簡単にできるようになるので、気になるのは当たり前ですよね。

ごく一般的にですが
戸建て住宅の場合の盗聴発見調査の料金は
2万円~15万円ほど

ほとんどの場合、調査する居室の平米数で料金が変わります。

また使用する機器によって料金が変わる業者や、盗聴器発見調査費に加えて、着手金や撤去費用を請求する業者もあります。

少しでも安い業者に依頼したいですよね。

その気持ちはわかりますし、間違ってはいないのですが、はたして料金だけで業者を決めてしまって大丈夫でしょうか?

今回は、調査後のトラブルを防ぐために、「盗聴器発見調査を依頼する前に確認しておきたいポイント」にいてまとめてみました。

調査を依頼しようと思っているなら、ぜひチェックしてみてください。

盗聴器の種類で調査料金が変わる

探盗聴器発見業者に調査を依頼する上で、まずチェックしたいのは調査力です。

盗聴器にはデジタル盗聴器、ステルス盗聴器、スクランブル盗聴器などなど様々なタイプがあります。

アナログ式の盗聴器であれば、ほとんどの業者で発見することができるでしょう。

ただ、最近は盗聴も複雑になっていて、盗聴波に「スクランブル」がかけられていたり、聞きたい時だけスイッチを入れて盗聴する「リモコン式」もあります。

様々なタイプの盗聴器を発見するのは、それに対応する機材が必要。

同程度の調査料金なら、さまざまな盗聴器に対応できる機材を持ったところを選びたいですよね。

単に安いという料金だけで決めると、アナログ式の盗聴器以外は対応できないことも考えられます。

盗聴器発見業者を決める際は、対応できる盗聴器の種類もチェックして、そのうえで調査に見合った料金であるかどうかを見極めることも大事です。

盗聴器の種類

・デジタル式盗聴器
・リモコン式盗聴器
・スクランブル盗聴器
・ステルス盗聴器
・有線式盗聴器

盗聴器の周波数への対応

盗聴器の周波数への対応も発見業者を選ぶ際の大きなポイントの一つです。

調査可能な周波数や使用するアンテナの種類によっても調査能力に差が出てきます

調査可能な周波数帯域の広さ
調査に使用するアンテナの種類

この点も盗聴器発見業者を選ぶ時にチェックしておくとよいでしょう。

調査後のフォロー

調査後のアフターフォローも盗聴発見業者を選ぶ際のポイントの一つです。

アフターフォローの良し悪しを見るには、問い合わせ時の電話やメール応対が参考になります

料金や調査方法について曇りなく、詳しく説明してくれるような業者であれば、アフターサービスもしっかりしていると判断することができます。

調査の結果、たとえ盗聴器がなかったとしても、優良業者であれば以下のような点について誠意をもって説明やアドバイスを行ってくれるはずです。

・どのような方法で調査を行ったか
・対応できなかった範囲はなかったか
・依頼者自身が最低限チェックできる方法
・最新の盗聴に関する情報
・普段の防犯対策について

盗聴発見業者の仕事は、盗聴器を見つけることですが、依頼してきたお客様に納得、安心してもらうことも仕事の一つだと思います。

依頼者からの質問に、的確にていねいに応えてくれる発見業者を選ぶことができれば、その選択は間違っていなかったことになると思います。

業者別参考料金

TRS盗聴リサーチ・ソリューション

【セールスポイント】
国内産の機器はもちろん、海外の盗聴盗撮機器にも対応!
調査終了後、アフターケアとして今後の対策の説明有。
盗聴器及び盗撮機器が発見された場合で警察へ被害届を出される場合は調査員の立ち会い。
テレビやメディアでもにも出演している有名業者です

【詳しいサービス内容】
0.1Mhz~3000Mhzの電界強度調査(盗聴器及び盗撮機器)
0.1Mhz~850Mhzの受信機で広域サーチ(盗聴器)
300Mhz~1500Mhzの受信機で広域サーチ(盗撮機器)

【料金表】
基本料金
35平米 45,000円(税込)
36~70平米 65,000円(税込)
71~100平米 85,000円(税込)
101~150平米 105,000円(税込)
150~200平米 125,000円(税込)
201~平米 155,000円(税込)
※料金はご自身で再度確認願います

【作業内容】
FM帯盗聴波・VHM帯盗聴波・UHF帯盗聴波の調査 / 電話回線調査 / 発見した盗聴器・盗撮器の撤去

公式ホームページ
http://www.trs-s.co.jp/

HAL探偵社

【セールスポイント】
日本最大級 全国13支店
解決実績 34713件突破 (2017年1月現在)
調査成功率 99.8% (2016年度調査実績)
お客様満足度 98.36% (2016年度アンケート調)
テレビやメディアでもにも出演している有名業者です

【詳しいサービス内容】
どのような場所に設置をしやすいのか。生活においての注意点などを無料でアドバイスあり
最近の盗聴や盗撮は室外からもできる高性能な物もあり、どのような対策が行うのかを無料でアドバイスしてくれます。

【料金表】
100平米まで 25000~
100平米以上 要相談
※料金はご自身で再度確認願います

公式ホームページ
https://hal-tanteisya.com/price/tapping.html

エムケイジー

【セールスポイント】
UHF(330~450MHz)VHF(129~300MHz)WFM(76.0~110MHz)
市販されている無線盗聴器、盗撮カメラ 調査 及び 撤去。
防犯アドバイスあり。

【詳しいサービス内容】
市販品はすべて登録あり
盗聴波の帯域を高性能受信機でスキャン調査
(市販品の調査も含)

電話回線や各コンセント、スイッチの目視とレベルM確認

発見した盗聴器及び盗撮器のデータも撤去・処理。

盗撮電波をモニターにて1波ごと視聴検査。

【料金表】
基本料金
35平米 25,000円(税込)
36~70平米 30,000円(税込)
71~100平米 40,000円(税込)
101~150平米 50,000円(税込)
150~200平米 60,000円(税込)
201~平米 80,000円(税込)
※料金はご自身で再度確認願います

【作業内容】
FM帯盗聴波・VHM帯盗聴波・UHF帯盗聴波の調査 / 電話回線調査 / 発見した盗聴器・盗撮器の撤去

まとめ

盗聴器発見を業者に依頼した時の料金相場は一般的に2万円~15万円ほど。

使用する調査機器や調査範囲によっても料金は変わってきます。

ただ、安いという料金だけで決めてしまうのは後でトラブルになる可能性もあります。

盗聴器発見業者を選ぶ際は、使用する機械や調査方法、アフターサービスまで含めて比較することが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする