霊能者 木村藤子さんの連絡先について

『暮らしnavi』へようこそ。

日々の暮らしに役立つ様々な情報をお伝えしています。

ごゆっくりご覧ください。


霊能者 木村藤子(きむらふじこ)さんに鑑定してもらいたいという人は後を絶ちません。

木村藤子さんと言えば「金スマ」や「オーラの泉」などのTV出演で全国的に有名ですからね。

霊能者としての評判はいろいろですが、飯島愛さんやベッキーさんのことを言い当てたのは本物だと思います。

木村藤子さんの連絡先はココで公表はできませんが知る方法はあるんですよ。

霊能者 木村藤子さんの連絡先

木村藤子さんの連絡先は、木村藤子さんの公式ブログをくまなくみても公開されていません。

では連絡先を…と言っても

もちろんネットに勝手に公表することはできないので、直接 青森県むつ市に出向くことになります。

JR大湊線下北駅下車

木村藤子さんは地元でも大変有名な方なので、タクシーで「蛇の神様 木村藤子さん宅へお願いします」と伝えれば玄関まで連れて行ってくれます。

ただ、完全予約制なので、直接行っても即、鑑定はしてもらえないんですね。

玄関先に予約連絡先が記載されているそうなので、そこで初めて木村藤子さんの鑑定予約の電話番号を知ることができます。玄関先まで行くことで、やっと予約連絡先を知ることができるというわけです。

連絡先が公表されていないのですから、直接訪問するか、友人知人の「つて」を頼って、連絡先を見に行ってもらう他ないということですね。

木村藤子さんの連絡先が分かっても、なかなか電話は繋がらない、繋がっても鑑定予約が取れるのは数か月先と言われています。

こうなってくると、鑑定してもらうまでにはいくつもの難関があると言わざるを得ません…。

霊能者 木村藤子さんは本物?

霊能者とし手有名な木村藤子さんですが、本物の霊能者なのでしょうか?

実際に鑑定していただいたわけではないので本物だとか偽物だとか決めつけられませんよね…。

でもスピリチュアル番組「オーラの泉」でおなじみの江原さんや美輪明宏さんが本物だと太鼓判を押していらっしゃるので、かなりの力をお持ちなのではないでしょうか。

タレント飯島愛さんの引退と死を予言し、あの松居一代さんの離婚も、木村藤子さんは霊視していたましたよね。ちょっと怖くなります。

美輪明宏さんが「彼女こそ最も信頼の置ける霊能者」とおっしゃるくらいの方なので、霊能力者としては本物なのだろうと思います。

今では霊能者としてメディアにも出演している木村藤子さんですが、元は信用金庫にお勤めだったんですよ

木村藤子さんについて

木村藤子(きむら ふじこ)さんは、青森県むつ市で、霊能者として有名な母のもとで育ちました。

地元の信用金庫に勤めるも、30代の時に神の声を聞き、霊視・透視の力を得たと言われています。

以来、多くの人の悩みを解決に導いたことから「青森の母」「青森の神様」とも呼ばれ、全国的にもその名が知られるまでになりました。

ベストセラーになった著書もあり、テレビ出演などメディアに登場したことから鑑定を希望する人が後を絶たない状態が続いているんですね。

霊能者 木村藤子WIKI

名  前 :木村藤子(きむらふじこ)
家  族 :8人兄弟の末っ子
母親も有名な霊能者
生年月日 :1947年(2017年現在70歳)
出 身 地:青森県むつ市(恐山のふもと)
職  歴 :元信用金庫職員、主婦

木村藤子さんの出身地は霊媒で知られるイタコで有名な恐山のふもと、これも何かの縁なのでしょうか。

生田 神社は縁結びのお守り【たまき】の効果がすごい!恋の行くへを占う「水占い」が当たる!と評判の神社です。縁結び・復縁だけでなく縁切りにも効果のあるパワースポットまであります。

恐山の「イタコ」とは

恐山恐山は、青森県の下北半島の中心部に位置する外輪山で、古くから霊場として知られている所です。

なかでも恐山の菩提寺は古くから死者への供養の場所とされ、毎年夏と秋の「恐山大祭」では口寄せを希望する人が長蛇の列を作ります。

恐山に行けばいつでもイタコの口寄せ(降霊術)をお願いできると思ってしまいますが、実はそうではないんですね。

イタコは常に恐山にいるわけではないので、「恐山大祭」の時に口寄せをお願いするのが一番確実だと言われています。

※「イタコ」とは
イタコとは、東北地方で死者のメッセージを伝える「口寄せ」をする巫女のこと。

※口寄せとは
イタコの体に死者の霊を乗り移らせる降霊術…
簡単にいうと、イタコとは霊媒師ということになります。

●恐山大祭スケジュール
夏(7月20~24日)
秋(10月上旬の3連休)

どうしても復縁したい!電話占いでおすすめの霊能者。電話占いは玉石混交ですが、復縁に強い占い師さんも確かにいます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする