「あさげ」と「ゆうげ」の違いは何?どちらが人気?永谷園のお味噌汁 

『暮らしnavi』へようこそ。

日々の暮らしに役立つ様々な情報をお伝えしています。

ごゆっくりご覧ください。


永谷園の人気商品「あさげ」と「ゆうげ」の違いが何か、知っていますか?

永谷園の「あさげ」と「ゆうげ」の違いは、使っている味噌の違い。「あさげ」は合わせ味噌で「ゆうげ」は白みそ仕立て、ちなみに「ひるげ」というのもあって、こちらは赤味噌を使った赤だしです。

もともと「あさげ」というのは朝ご飯という意味で、お味噌汁を指す言葉ではないんですよね。なので「あさげだから合わせ味噌でなければならない」というような決まりもありません。

永谷園が商品開発の際、キャッチーなネーミングとして採用したことから、今ではインスタント味噌汁の代名詞のような存在となりました。

というわけで、私は永谷園の回し者ではありませが、今回は「あさげ」と「ゆうげ」「ひるげ」の味の違いや、どんなシーンでどっちがおすすめかをご紹介していきたいと思います。

「あさげ」は合わせ味噌

あさげ
「あさげ」は永谷園のインスタント味噌汁の中でも一番人気のお味噌汁。

厳選した合わせ味噌、庄内地方の特産品である板麩、彩りのわかめ、フリーズドライの葱などなど、高級な素材を使っているので、インスタントとは思えない完成度に仕上がっています。発売当時はインスタント味噌汁の常識を覆したとも言われていたんですよ。

味の決め手となっているのがだしの鰹節です。

うまみが凝縮された上品な香りの本枯節(鹿児島県の枕崎産)に、昆布だしの深いうま味がプラスされて絶妙なバランス…。

厳選した鰹節を贅沢に使っているので、お湯を注ぐだけでインスタントとは思えない「だし」の効いた香り高いお味噌汁が出来上がります。

あさげ、ゆうげ、ひるげ、どれを買うか迷った時は、取り敢えず「あさげ」を買っておけば間違いないでしょう

※生みそタイプ、減塩タイプもあります。

「ゆうげ」は白みそ

ひるげ
「ゆうげ」は白みそを使用しているのでまろやかな味わいです。具材は板麩、わかめ、ねぎなど「あさげ」と同じものが入っています。

白みそはマイルドで甘口、関西方面・京都などでよく使われていますが、合わせ味噌に飽きたな…と思った時なんかにもおすすめです。

「ひるげ」は赤味噌

ゆうげ
「あさげ」「ゆうげ」に続いて発売になったのが「ひるげ」です。

「ひるげ」は赤味噌を使用した赤だしのおみそ汁。寿司や鰻とも相性がいいようです。具材は板麩、わかめ、ねぎなど「あさげ」と同じもが入っています。

永谷園が発売しているインスタント味噌汁の中ではちょっとマイナーな感じで、スーパーの売り場でも控えめな陳列になっている印象ですが、支持する方も多いんですよ。

味は濃い目ですが、コクと風味の両方が楽しめます。

粉末タイプと生みそタイプ

永谷園のおみそ汁シリーズは、

・フリーズドライの粉末タイプ
・本格的な生みそタイプ

大きくこの2つのタイプに分かれています。

どちらがおいしいか気になるところだと思いますが、実際に食べ比べてみたところ、味に大きな差は感じられませんでした。

わかめは特殊製法で、戻りが早いよう工夫されているし、ネギも最適な比率で調節してあるので、味とのバランスが絶妙です。

ただ、生みそタイプは味噌を出す時に手が汚れたり、袋の後処理が面倒という声もあります。個人的には、熱々が好きなので、若干ぬるくなってしまう生味噌タイプより、フリーズドライの粉末の方が好みです。

インスタント味噌汁は「まずい」というイメージはもう過去の話。フリーズドライ製法や生味噌タイプなら、お湯を注ぐだけで作り立てと変わらないおいしさが再現できます。

アウトドアや旅行に持っていくなら軽くて破裂の心配のない粉末タイプがおすすめです。あとは実際に食べてみての好みの問題ではないかなと思いますよ。

まとめ

「あさげ」と「ゆうげ」の違いについてまとめてきました。

いかがでしたか?

「あさげ」は1974年の発売から、変わらぬ人気を誇る永谷園の代表的な商品です。

最近はナスや人参、きのこなど、さまざまな具材を取り入れたフリーズドライのお味噌汁も発売されていますよね。

ただ、コスパを比較すると永谷園のインスタント味噌汁はかなり優秀…味も品質も優等生だと思います。

冬場のお弁当やアウトドア、海外旅行、そして災害時の非常用の食料としても常にストックリストに加えておきたい一品といえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする