犬や猫などペットの火葬で棺に入れるものは?花の量や副葬品の選び方

『暮らしnavi』へようこそ。

日々の暮らしに役立つ様々な情報をお伝えしています。

ごゆっくりご覧ください。


犬や猫など愛するペットとの悲しい別れの時、安らかに眠ってもらうためにもきちんと供養したいですよね。ペット供養1

毎日のように通った公園や、自宅の敷地にお墓を作りたい方もいると思いますが、公園など公共の場に土葬すると不法投棄となり、法律に触れてしまいます。

また、自宅の庭に埋めたとしても、火葬していないと異臭がしたり、外敵に掘り起こされてしまう危険もあります。

きちんと供養したいと思いながらも、いざ準備を始めようとすると、分らないことや、いろいろと迷うことも多いのではないでしょうか。

特に副葬品(などのペットの火葬で棺に入れるもの)は何がいいのか、供える花について適さない花はないか、などなど歴史の浅いペット火葬だからこそ不明瞭な点が多いんですね。

そこで今回は、犬や猫などペットの火葬で棺に入れるもの、花の種類や量についても詳しくご紹介していきたいと思います。

ペット火葬で棺に入れる花について

季節の花

ペット火葬で棺に入れるもので、一番先に思いつくのが「花」です。

花を入れてあげたい…と思っても、どのような花がいいのか、量はどのくらいが適切かなど、疑問に思うところも多いのではないでしょうか。

一番のおすすめは「季節の花」です。

理由は
毎年その季節が巡る度に、共に過ごしたペットのことを思い出し、それが一番の供養となるからです。

葬儀というと、白い花、菊やユリなどを想像するかと思います。

ただペットの火葬では、棺に入れる花について特に決まりはないので、白い花にこだわる必要はありません。

ペットとの思い出のある花や、庭に咲いている花を入れるのも良いでしょう。

一番大切なのは気持ちです。

安らかに眠ってもらいたいという思い、美しく飾って見送りたいという気持ちがこもっていれば、それが一番なのです。

ペット火葬で棺に入れる花の量は

仏花

ペット火葬で棺に入れる花の量は、ペットの大きさにもよります。

ペット霊園で火葬する場合、訪問火葬車によっても変わってくるので依頼する業者に直接訪ねてみるのが一番早いです。

自治体で火葬してもらう場合は、遺体に添える花の量が決められていることもあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

小型の棺の場合は、花びらだけを敷きつめる方もあるようです。

ペット霊園での火葬は以前から行われていましたが最近ではペット専用の移動火葬車で、訪問火葬してくれる業者も多くなってきました。今回はペットの火葬について、訪問火葬車と霊園火葬のメリットデメリット、どちらの選択が良いのかについて調べてみました。

ペット火葬で棺に入れる副葬品リスト

犬のおもちゃ

亡くなった犬や猫を火葬する際、棺に入れるものとして、ペットが遊んでいたおもちゃ、お気に入りだった「おやつ」や「ペットフード」を用意する方も多いです。

ビニールやプラスチック製品は火葬のするとダイオキシンが発生する問題があり、棺に入れることができないので注意しましょう。缶詰などの金属を使ったものも燃えないのでNG。

衣類もボタンやファスナーなど判断がつきにくい場合は、火葬業者に確認してくださいね。

●棺に入れるもので多いのは●

タオルや洋服(素材によっては不可)
おやつ・ペットフード(缶詰以外)
おもちゃ(ビニール・プラスチック・金属はNG)
お手紙
お花(生花)ペットフード
など

副葬品に関して「これは入れなければならない」という決まりは無いので、持たせてあげたい品を選んであげると、喜んでくれるのではないかと思いますよ。

犬や猫などペットの火葬料金は火葬方法(立会い個別火葬・お任せ個別火葬・合同火葬)や重さ(体重)で費用が変わってきます。また固定火葬炉と、ペット専用の訪問火葬車でも料金は変わってきます。

まとめ

犬や猫などペットの火葬で棺に入れるもの、花の量や副葬品の選び方についてまとめてきました。

いかがでしたか?

火葬に際して「必ず入れなければならない」というものはなく、やはり一番大事なのは、弔う気持ちなのだと思います。

そして感謝の気持ちも忘れずにいたいですよね。

一緒に過ごしてきて、最後のお別れとなる時なので、一番良い形でお見送りしたいものです。

アドセンス関連広告ユニット
<あわせて読みたい記事と広告>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする